高杉真宙のオタク度が本気すぎる!?

高杉真宙さんのオタクっぷりが本気だと話題になっています。高杉真宙さんといえば、フジテレビ系列「痛快TV スカッとジャパン」や「ファブリーズ」CMなどで最近注目を集めているイケメン俳優ですが、こんなイケメンがオタクだなんて、本当なのでしょうか!?噂の真相を調べてみました!


71266ebf.jpg
出典元:http://line.blogimg.jp/takasugimahiro/


スポンサーリンク






■高杉真宙さんのプロフィール



-------------------------------

高杉 真宙(たかすぎ まひろ)

生年月日   1996年7月4日

出生地    福岡県

身長     170cm

血液型    A型

職業     俳優

ジャンル   テレビドラマ・映画・舞台

活動期間   2009年 -

事務所    スパイスパワー

-------------------------------

芸能界デビューのきっかけは、熊本県で行われた花火大会で女の子に間違われスカウトされたことだそうですよ。これだけ綺麗な顔立ちですから、女の子に間違われるのも仕方ないですよね。それにしても、スカウトの人も女性だと思って誘った人が、男性だと知った時はさぞビックリしたでしょうね(笑)

2009年に舞台「エブリ リトル シング’09」で役者デビューを果たし、2010年に映画「半次郎」で映画初出演、2012年には映画「カルテット!」で待望の初主演をしました。

そして、飛ぶ鳥を落とす勢いで様々な作品に出演している高杉真宙さんですが、実は人見知りな性格らしいですよ。志田友美さんと「仮面ライダー鎧武(ガイム)」で共演した際、お互いに人見知りだったため、2か月間会話が無かったというエピソードもある程だそうです。

流石に2ヶ月も同じ現場にいれば少しくらい会話をしそうですが、これは相当な人見知りのようですね(笑)

スポンサーリンク







■高杉真宙のアニメオタクは本当だった!好きな漫画やアニメを紹介!



さて、本題です!イケメンさんの高杉真宙さんがオタクだ、という噂でうが、どうやら本当だったようです!それも結構なオタク度のようで、「ワンピース」や「NARUTO」と言った国民的人気アニメではなく、いわゆるオタク向けの作品が大好きな模様です。

そんな高杉真宙さんが好きなアニメは「化物語(ばけものがたり)」、「SAO(ソードアートオンライン)」、「魔法少女まどかマギカ」などだそうですよ。うん、確かにがっつりオタク向けなアニメ作品ばかりですね!

そして好きなキャラは「化物語」の阿良々木暦や「SAO」のキリトだそうです。美少女よりも、主人公の少年に共感するタイプなのでしょうかね?

阿良々木暦もキリトも中性的な美少年キャラ。高杉真宙さんのイメージにピッタリですね!


続いて好きな漫画です!こちらは「デスノート」「ドラゴンボール」「ジョジョの奇妙な冒険」「進撃の巨人」などなど、結構一般的な有名漫画が並んでいますね。特に「デスノート」のLは高杉真宙さんお気に入りのキャラ。彼にとってLは「ヒーロー」なんだそうですよ。

ちなみに好きな声優は神谷浩史さんや花澤香菜さんだそうです。声優名が上がるとは、やはり高杉真宙さん、結構オタク度高いですね(笑)神谷浩史さんも花澤香菜さんも「化物語」でメインキャラを演じていますので、「化物語」は高杉真宙さんの中で相当に大事な作品なのでしょうね。

スポンサーリンク






■秋葉原が庭!?高杉真宙さんのオタク度は重症レベルっぽい…



高杉真宙さん、過去のインタビューで、

「秋葉原はよく来ます。ついこの間も。何も買わずに、ぶらぶらするだけなんですけどね。単純にマンガとアニメが好きなんで、何も考えずに本やフィギュアを眺められる、こういう空間が好きなんですよ。2時間や3時間は、あっという間です」

と語っていた程、秋葉原の常連さんのようです。

かつて、テレビ番組のロケで秋葉原巡りをしていたときも、高杉真宙さん行きつけの秋葉原スポットに行って趣味の話をしていました。その番組の中で訪れた店はオタクグッズのメッカとも言えるショップ「とらのあな」でした。お店のチョイスからも高杉真宙さんのオタク度の強さが感じられますね。


ということで、高杉真宙さんはホンモノのオタクだということがめでたく判明しました。こんな二次元に出てきそうな美少年がオタクだなんて、なんだか夢が膨らみますね!


関連記事
【スカッとジャパン】第73回 11/21 フジ!高杉真宙と米津玄師で沸く!